生後1ヶ月の赤ちゃんがお通じが悪い!その原因と改善法

生後1ヶ月の赤ちゃんがお通じが悪くなる原因と改善法

生後1ヶ月の赤ちゃんの便秘

 

生まれてすぐの時は、母乳を飲むとすぐにうんちをして、
毎日4〜5回はあったのが生後1ヶ月後あたりから急にうんちの
回数が減ってきたということはありませんか。

 

 

いままで、順調にうんちが出ていたのに急にうんちの回数が
減ると「お通じが悪いのかな?」と心配される方もいるのでは
ないでしょうか。

 

この記事では、生後1ヶ月の赤ちゃんのうんち回数の特徴や
お通じが悪くなる原因、その対処法について紹介します。

生後1ヶ月後の赤ちゃんのうんち回数は減ってくる

生後一か月からうんち回数が1日に1〜2回に激減したとしても、
ただちに心配する必要はありません。

 

このような傾向はほとんどの赤ちゃんに見られる傾向で、早い
赤ちゃんは生後3週間ごろから始まる場合もあります。

 

生後1ヶ月後の赤ちゃんのうんち回数が減ってくるのは、
赤ちゃんが正常に発育している証拠といえます。

 

 

生まれてすぐのとき母乳を飲むとすぐにうんちをするのは、
腸がもつ機能の1つ「胃結腸反射」によるものです。

 

「胃結腸反応」とは、母乳が胃に入ると大腸が動き始めて便が
直腸に運ばれ排便する機能で、生まれたすぐはひとりでに
うんちがでるようになっているのです。

 

ところが生後1ヶ月後になると、ひとりでにうんちがでる機能が
弱まってきて、便意を感じたとき自分で出さなければならなく
なってきます。

 

このため赤ちゃんも大人と同じように1日に1〜2回のうんちに
減ってしまいます。

 

でも、さらにうんちの回数が減って2日に1回、3日に1回に
なってしまうと「お通じが悪い」として見極めなければならない
のでしょうか。

生後1ヶ月の赤ちゃんのお通じの見極め

うんちの回数が例えば2日に1回でも、その回数からだけでは
お通じが悪いと判断できません。

 

うんちの回数には個人差があり、その子の毎日のうんちの状況
から判断する必要があります。

 

毎日1日に3回ほどうんちをしていたのが、3日に1回に減った
のならお通じが悪くなっていると見ることができます。

 

赤ちゃんは、「お通じが悪くて苦しい」とは言ってくれません
ので、よく赤ちゃんを観察し、次のようなことでお通じが悪いか
どうかを見極めます。

 

 

うんちのでる回数が明らかに減って、苦しそう

 

・うんちが普段より硬く、排便が苦しそう

 

・うんちをもよおすと、痛がって鳴く

 

・うんちの量が普段より少ない

 

・食欲がなく、母乳やミルクを飲まなくなっている

 

 

以上のような症状があれば、お通じが悪い傾向になっていることが考え
られます。

 

 

お通じがひどくならないうちに、赤ちゃんのお通じ改善法をやって
あげましょう。

赤ちゃんのお通じ改善法

・「の」の字マッサージ

 

お腹を「の」の字を書くようにマッサージすることで、腸が刺激
を受けお通じの改善につながります。

 

 

・砂糖水を飲ませてあげる

 

お湯に砂糖をとかし、適温になったら飲ませてあげます。

 

お通じが悪いときには10%の濃さが効果的とされています。

 

1日に1回あげることで腸の働きが改善され便通につながります。

 

 

・綿棒で刺激する

 

ベビーオイルなど肌に優しいオイルを綿棒に含ませ、これを肛門
に出し入れして刺激を与えてあげる方法です。

 

「綿棒浣腸」ともいわれる方法で、最初のうちはかなり効果的
です。

 

慣れてくると効果が無くなる場合もありますので、注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 


お通じ肌荒れサプリランキング

関連ページ

お通じの改善には食物繊維を摂るとよい理由とは?摂り方が大切
野菜にはたくさんの食物繊維が含まれており、お通じの改善に効果があるとされています。 でも、摂り方を間違えると逆効果の場合もあります。 なぜ、食物繊維を摂るとお通じの改善によいのか、また摂り方のポイントを紹介します。
お通じが悪くなる原因の一つはストレス?その特徴と改善法
お通じが悪くなる原因の一つにストレスがあります。 ストレスを受けるとなぜ、お通じが悪くなるのでしょうか。 ストレスでお通じが悪くなる場合の特徴や注意点、その改善法についてご紹介します。
女性のお通じが悪くなる原因と改善法
女性は男性に比べお通じが悪くなりやすいとされています。 女性には、一般的にお通じが悪くなる原因の他に、女性特有の原因によってお通じが悪くなります。 それらの原因と改善方法について、ご紹介します。
快便だったのに急にお通じが悪くなった場合の原因と対処法
毎日お通じがあり快便だったのに、急にお通じが悪くなると心配になるものです。 このような症状は、急性便秘と考えられます。 急性便秘が起こる原因や特徴、改善方法についてご紹介します。
高齢者はお通じが悪くなりやすい?その原因と改善法
統計的データをみても、高齢者ほどお通じが悪くなりやすい傾向があります。 高齢者になってもいいお通じが得られるように、その原因と改善法についてご紹介します。
生後2〜3ヶ月の赤ちゃんが急にお通じが悪くなる、その原因は生理的便秘かも
生後2〜3ヶ月の赤ちゃんは急にお通じが悪くなるケースがあります。 この時期特有のもので生理的便秘とも呼ばれます。 生理的便秘が起こる原因や生理的便秘でない便秘との見極め、赤ちゃんのお通じ改善法などについてご紹介しています。