フェカリス菌はアレルギー対策にも有効、花粉症にも効果的

フェカリス菌はアレルギー対策に有効なの?花粉症には効果的?

フェカリス菌による花粉症対策

 

毎年花粉が飛散する季節になると花粉症に悩まされる人が増えて
います。

 

外で出会う人の多くはマスクを着けているので、マスクを着けない方が
少数者です。

 

もちろん、花粉症対策だけでなく風邪やインフルエンザの予防のために
着けている方もいるかもしれませんが…

 

花粉症はアレルギー反応の一種で身体の持つ免疫機能と関係します。

 

花粉症対策はいろいろありますが、乳酸菌を摂って免疫力をアップする
と効果的とされ乳酸菌に注目度が高まっています。

 

中でも免疫力をアップするのに力を発揮するフェカリス菌が注目されて
います。

 

フェカリス菌はアレルギー対策に本当に有効なのでしょうか?

 

花粉症に対しても効果的なのかをご紹介します。

花粉症はどうして起こるの?

 

私たちの身体には免疫機能が備わっていて、外部からウィルスや
病原菌などが侵入してくると免疫細胞がこれを捕まえて、異物
として排除す働きがあります。

 

ところが免疫機能のバランスが崩れてしまうと、本来身体にとって
無害な物質でもこれを身体から排除しようと過剰な反応をして
しまいます。

 

これがアレルギー反応で、アレルギーを引き起こす物質は
アレルゲンと呼ばれます。

 

アレルゲンが何かによっていろいろな症状があり、食物アレルギー、
花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が
あります。

 

今回ご説明する花粉症は、杉やヒノキの花粉をアレルゲンとした、
アレルギー反応です。

 

アレルギーが起こるメカニズム

 

免疫機能により、杉の花粉などのアレルゲンが身体の中に入って
くるとこれを異物として排除しようと反応します。

 

これにはいろいろな免疫細胞がチームワークで対処します。

 

(1)マクロファージが花粉を異物として捕らえる。

 

マイクロファージは白血球の一種で、花粉を取り込むとともに
花粉に対抗するための免疫情報をT細胞に知らせます。

 

(2)T細胞は花粉の情報をB細胞に知らせる。

 

(3)B細胞はIgE抗体を作る。

 

B細胞は細胞分化により次に花粉が来たときにすぐに攻撃できる
ようにIgE抗体を作ります。

 

B細胞は単独ではIgE抗体を作れないので、ヘルパーT細胞の力
を借りてIgE抗体を作ります。

 

 

この抗体に関わる免疫細胞は、T細胞とヘルパーT細胞です。

 

ヘルパーT細胞には、Th1細胞とTh2細胞の2種類があります。

 

 

 

それぞれの働きは、

 

・Th1細胞:IgE抗体の作り過ぎを抑えるのを助ける

 

・Th2細胞:B細胞のIgE抗体作りを助ける

 

 

で両者がバランスを取りながら免疫の働きをします。

 

ところが、アレルゲンが侵入してきて免疫機能が過剰反応すると、
Th2の働きが強くなり、Th1の働きが弱くなってしまい両者の
バランスが崩れてしまいます。

 

Th2細胞の働きが過剰になるとIgE抗体がたくさん作られてしまい
ます。

 

次に花粉が身体の中に入ってくるとこの抗体と花粉に含まれる
抗体が 鼻や目の粘膜にある肥満細胞と呼ばれる白血球と反応
します。

 

肥満細胞からは化学物質のヒスタミンなどが分泌され花粉を体外
に放出しようとします。

 

このヒスタミンは炎症物質ですので、くしゃみや、鼻水、
鼻づまり、眼のかゆみが引き起こされます。

 

フェカリス菌は花粉症対策に効果的なの

乳酸菌、フェカリス菌を摂ると腸内の免疫細胞を刺激して、
樹状細胞が活性化されTh1細胞の働きが強まってくることが報告
されています。

 

このためTh1細胞、Th2細胞のバランスを整いアレルギー反応が
改善されてきます。

 

 

フェカリス菌を含む飲料を使って、花粉症の症状が緩和された
研究結果を以下にご紹介します。

 

 

<研究内容>

 

杉花粉症患者20名にフェカリス菌含飲料
(1本200ml当たりフェカリス菌1,000億個含有)を毎日1本2ケ月間
飲用した。

 

飲用開始前と飲用後にそれぞれ杉花粉暴露室内に入ってもらい、

 

・杉花粉暴露室内での自覚症状

 

・杉花粉暴露試験後5日間の自覚症状

 

を比較した。

 

自覚症状としては、「鼻かみ回数」、「鼻づまり」、
「日常生活の支障度」、「眼のかゆみ」、「流涙」、「眠気」
などの項目で評価した。

 

<結果>

 

・杉花粉暴露室内での自覚症状

 

 「鼻かみ回数」、「眼のかゆみ」で飲用前後で有意な差が認め
 られた。

 

 「鼻づまり」、「流涙」については改善傾向が認められた。

 

・杉花粉暴露試験後5日間の自覚症状

 

 「日常生活の支障度」、「眼のかゆみ」、「流涙」、「眠気」
 で飲用前後で有意な差が認められた。

 

 「くしゃみ回数」、「鼻づまり」については改善傾向が認められた。

 

 

以上の結果より、フェカリス菌含有乳性飲料を毎日飲用することに
より、スギ花粉飛散時期の症状緩和が期待される。

 

伊藤園ニュースリリース、花粉曝露試験施設にて
Enterococcus faecalis(エンテロコッカス フェカリス)含有乳性飲料の
花粉症症状緩和効果を確認、「薬理と治療(JPT)Vol.40 no.2 2012」
(ライフサイエンス出版発刊)に掲載

 

フェカリス菌を利用した乳酸菌サプリについては、次の記事が参考に
なります。

 

久光製薬の乳酸菌EC-12はお通じの改善にも効くの?
久光製薬「乳酸菌EC-12」のお通じに関する口コミはどうなの?

 

 

スポンサードリンク

 


お通じ肌荒れサプリランキング

関連ページ

フェカリス菌の効果・効能、お通じ改善効果はどうなの?
フェカリス菌は、ヒト由来の乳酸菌です。 この菌は生菌でも有効ですが、死滅した状態で摂取しても効果がある乳酸菌として注目されています。 フェカリス菌の効果・効能、お通じの改善にも効果があるのかをご紹介します。
フェカリス菌の働きと効果、免疫力アップに効果的
フェカリス菌は、比較的新しく発見されたヒト由来の乳酸菌です。 死滅した状態で摂取しても効果があるびで、新型乳酸菌として脚光を集めています。 フェカリス菌の最も注目されている免疫力アップする働きや効果についてご紹介します。