アシドフィルス菌はビオチンの生成をサポート、肌や髪をキレイにします

アシドフィルス菌はビオチンを増やし、肌や髪をキレイに!

美肌を作るビオチン

 

乳酸菌の仲間のアシドフィルス菌をご存知ですか?

 

乳酸菌といえばヨーグルトが頭に浮かびますが、市販の
ヨーグルトでアシドフィルス菌の入ったヨーグルトは
あまり売られていませんよね。

 

国際規格でヨーグルトの種となる菌として決められて
いるのが、ブルガリア菌とサーモフィラス菌ということ
もあり、この2種類の菌が多いようです。

 

でも最近は、ビフィズス菌やアシドフィルス菌を使用した
ヨーグルトも市販されています。

 

 

アシドフィルス菌は、他の乳酸菌と一線を画し、整腸作用以外
にも優れた働きをする力強い善玉菌として注目されています。

 

アシドフィルス菌の役割の一つとして、腸内でビオチンを
増やし肌や髪をキレイに働きがあります。

 

アシドフィルス菌の特徴や肌や髪をキレイにするビオチンに
ついて、ご紹介します。

アシドフィルス菌は腸内でビオチンを増やす!

アシドフィルス菌は乳酸菌の一種で、私たちの身体に馴染みの
深い乳酸菌です。

 

というのも、人間の口腔や生殖器、腸内に多く棲んでいるから
です。

 

棲んでいる場所からもお分かりかと思いますが、アシドフィルス菌
は酸素があっても生きて行けるんです。

 

善玉菌で有名なビフィズス菌は、酸素があると生きていけないので
大腸にいますが、アシドフィルス菌は小腸から大腸にかけて棲んで
います。

 

腸内では他の善玉菌と同様に悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を
整えるので整腸作用や免疫機能を強化する働きがあります。

 

 

もう一つ重要な働きとしては、”ビオチン”の生成を助ける働きが
あります。

 

ビオチンを生成する乳酸菌としてはその他に、
ビフィズス菌ロンガム種BB536株があり、反対にビオチンを食べる
フェカリス菌という乳酸菌もいます。

 

ビオチンはビタミンB群の仲間で、別名ビタミンH、ビタミンB7
とも呼ばれます。

 

 

ビオチンは皮膚や粘膜を健康にするビタミンで、これがなければ
肌のトラブルを起こしやすくなります。

 

ビオチンは、肌のターンオーバーを高めたりする働きや
アトピー性皮膚炎の症状を緩和する効果もあります。

アシドフィルス菌が腸内で増やすビオチンの働き

ビオチンには次のような効果があります。

 

アトピー性皮膚炎のかゆみを引き起こす化学物質を除去

 

 ビオチンは皮膚の炎症を引き起こすヒスタミンの元になる
 ヒスチジンを排泄する働きがあります。

 

糖質、脂質、たんぱく質がエネルギーに変わるのをサポート

 

 糖質や脂質、たんぱく質の代謝をサポートする酵素の
 補酵素として働いています。

 

 例えば、ブドウ糖がエネルギーに変わるときにできる乳酸が
 酵素の働きで再度ブドウ糖に戻る糖新生という反応を助け
 ます(補酵素としての働き)。

 

 

皮膚や粘膜の状態を健康に維持

 

 ビオチンは「皮膚炎に効くビタミン」として研究されており、
 皮膚関連の病気の治療に利用されてきました。

 

 毛細血管を広げ血行を良くして細胞の新陳代謝を促進
 させるので、皮膚や粘膜の再生力が高まります。

 

 また、老廃物の排出をスムーズにしたりするので、皮膚や粘膜
 を健康な状態に保つことができます。

 

 

コラーゲンの生成を促す

 

 ビオチンは肌の弾力に必要なコラーゲンや、セラミドの生成
 を助けてくれます。

 

 また、コラーゲンは爪や髪の主成分であるケラチンの合成
 にも関係しますので、髪の毛や爪をつくるのにも有効です。

スポンサードリンク

関連ページ

お通じが悪くなると肌荒れが起こる理由とは
お通じが悪くなると肌荒れがひどくなるという経験はありませんか。 お通じと肌荒れとは密接な関係があります。 お通じが悪くなると肌荒れが起こる理由や肌荒れの改善方法について紹介します。
アシドフィルス菌とビフィズス菌はどう違うの?
アシドフィルス菌とビフィズス菌はどちらもヒトの腸に棲んでいる菌ですが、どう違うのでしょうか? ヨーグルトなどでこれらの菌を摂取する場合は、違いを知っておくことが重要なのでご紹介します。
アシドフィルス菌の配合された市販の整腸剤、ビオフェルミンとは
アシドフィルス菌を配合した市販の整腸剤にビオフェルミンがあります。 その他にもビフィズス菌とフェカリース菌が配合されています。 配合されている乳酸菌の種類や効果についてご紹介しています。
アシドフィルス菌は大人アトピー性皮膚炎にも効果的なの?
大人アトピー性皮膚炎を解消するには、スキンケアに加えて内側から免疫機能のアンバランスを治していく必要があります。 免疫機能の改善には腸内環境を整えることが必要で、そのためにはアシドフィルス菌が効果的!
アシドフィルス菌はビオチンを合成!その効果・効能とは
アシドフィルス菌は腸内を整えて善玉菌が優位な環境を作ります。 アシドフィルス菌は、肌と髪のビタミンといわれるビオチンを合成する働きがあります。 そのビオチンの効果・効能について、ご紹介します。
アシドフィルス菌は大人ニキビの改善にも効果的なの?
大人ニキビが出やすい人は免疫機能が低下している可能性が高いといえます。免疫機能をアップするには話題のアシドフィル菌で腸内環境を整えることです。 この菌が大人ニキビをどのようにして改善するのかをご紹介します。
アシドフィルス菌はビオチンを産生し、脂漏性皮膚炎にも効果的!
脂漏性皮膚炎を根本的に治すには、食生活や生活習慣の改善が必要です。 脂漏性皮膚炎はビオチンの不足が原因の一つともいわれています。 今回はビオチンを産生するアシドフィルス菌が脂漏性皮膚炎にも効果的なことを紹介します。