アシドフィルス菌&ビフィズス菌との違い

アシドフィルス菌とビフィズス菌はどう違うの?

 

有益なヨーグルトの開発

 

ヨーグルトはお好きですか。

 

ヨーグルトにフルーツをのせて食べるは、デザートとしても
美味しいし、腸の健康ひいては美肌を作ることまでつながって
いて一石二鳥という感じがしませんか。

 

ヨーグルトに使われている乳酸菌というと、ブルガリア菌と
サーモフィルス菌、ビフィズス菌、アシドフィルス菌などが
有名です。

 

最近、ヒト由来の乳酸菌としてビフィズス菌やアシドフィルス菌
が注目されていますがビフィズス菌とアシドフィルス菌はどう
違うのかご紹介します。

腸内に棲む菌と腸内に棲んでいない菌

前述の4つの菌を腸内に棲む菌と腸内に棲んでいない菌に
分けると次のようになります。

 

・腸内に棲む菌:ビフィズス菌、アシドフィルス菌

 

・腸内に棲んでいない菌:ブルガリア菌、サーモフィルス菌

 

 

腸内に棲む菌が注目されている理由は、生きたまま腸に入り
そこで定住して腸内細菌の善玉菌のバランスを取ったり、
悪玉菌の増殖を抑えることです。

 

悪玉菌の増殖を抑えることにより、腸内腐敗が減り有害物質
の発生も減ってきますので健康にもつながってきます。

 

人体にとって有益な作用をもたらす生きた乳酸菌を腸に
届けるなら、もともと腸内に棲んでいるアシドフィルス菌や
ビフィズス菌を届けるのが一番といえます。

アシドフィルス菌とビフィズス菌との違い

どちらも、腸に棲み有用な菌ですが性質に違いがありますので、
みていきましょう。

 

好気性と嫌気性

 

 <アシドフィルス菌>

 

  空気に強く、生きたまま腸に届きやすい。

 

 <ビフィズス菌>

 

  空気に弱く生存期間が短い。

 

  ヨーグルトに入っているものは製造後7〜10日で死んで 
  しまいますので、賞味期間内に食べる必要があります。

 

 

耐酸性

 

 <アシドフィルス菌>

 

  胃酸や胆汁酸にも耐え、腸まで届きやすい。

 

 <ビフィズス菌>

 

  胃酸や胆汁酸に弱く、pH4.8以下で死滅する。

 

 

発酵性

 

 <アシドフィルス菌>

 

  発酵時に乳酸のみを生成するので、醗酵時のにおいなどに
  クセがない。

 

 <ビフィズス菌>

 

  発酵時に乳酸と酢酸を作り出すため、醗酵時に味やにおいに
  独特のクセがある。

 

 

耐温度性

 

 <アシドフィルス菌>

 

  温度に強い。

 

 <ビフィズス菌>

 

  温度に弱く、液状では菌の生存期間が短い。

 

 

保存性

 

 <アシドフィルス菌>

 

  温度管理が良ければ、菌は長く生き保存がきく。

 

 <ビフィズス菌>

 

  温度や空気に弱く、保存期間が短い。

 

 

同じ腸内に棲む菌でも、ずいぶん性質が違いますよね。

 

これらの菌を利用するには、菌の性質を知って有意義に利用
することも大事です。

スポンサードリンク

関連ページ

お通じが悪くなると肌荒れが起こる理由とは
お通じが悪くなると肌荒れがひどくなるという経験はありませんか。 お通じと肌荒れとは密接な関係があります。 お通じが悪くなると肌荒れが起こる理由や肌荒れの改善方法について紹介します。
アシドフィルス菌はビオチンを増やし、肌や髪をキレイに!
アシドフィルス菌は、整腸作用のほかにも腸内でビタミンB群の一つであるビオチンを増やす働きがあります。 ビオチンは皮膚や粘膜を健康にするビタミンで、肌や髪をキレイにします。 アシドフィルス菌とビオチンの働きについて紹介します。
アシドフィルス菌の配合された市販の整腸剤、ビオフェルミンとは
アシドフィルス菌を配合した市販の整腸剤にビオフェルミンがあります。 その他にもビフィズス菌とフェカリース菌が配合されています。 配合されている乳酸菌の種類や効果についてご紹介しています。
アシドフィルス菌は大人アトピー性皮膚炎にも効果的なの?
大人アトピー性皮膚炎を解消するには、スキンケアに加えて内側から免疫機能のアンバランスを治していく必要があります。 免疫機能の改善には腸内環境を整えることが必要で、そのためにはアシドフィルス菌が効果的!
アシドフィルス菌はビオチンを合成!その効果・効能とは
アシドフィルス菌は腸内を整えて善玉菌が優位な環境を作ります。 アシドフィルス菌は、肌と髪のビタミンといわれるビオチンを合成する働きがあります。 そのビオチンの効果・効能について、ご紹介します。
アシドフィルス菌は大人ニキビの改善にも効果的なの?
大人ニキビが出やすい人は免疫機能が低下している可能性が高いといえます。免疫機能をアップするには話題のアシドフィル菌で腸内環境を整えることです。 この菌が大人ニキビをどのようにして改善するのかをご紹介します。
アシドフィルス菌はビオチンを産生し、脂漏性皮膚炎にも効果的!
脂漏性皮膚炎を根本的に治すには、食生活や生活習慣の改善が必要です。 脂漏性皮膚炎はビオチンの不足が原因の一つともいわれています。 今回はビオチンを産生するアシドフィルス菌が脂漏性皮膚炎にも効果的なことを紹介します。