ビフィズス菌はお通じと肌荒れの両方の改善に効果的

ビフィズス菌はお通じ改善の他に肌荒れにも効果あり

ビフィズス菌で便秘・肌荒れを解消

 

お通じが悪くなると肌がカサついたり、吹き出ものができたり
する場合があります。

 

このような肌のトラブルは、肌の新陳代謝である
「ターンオーバー」が乱れていることで起こります。

 

このような肌のトラブルの根本原因には、お通じが関係している
といわれています。

 

お通じを改善する方法の一つとして、ビフィズス菌を摂る方法が
あります。

 

今回はビフィズス菌を摂ることによって、お通じと肌荒れの
改善効果が得られることをご紹介します。

お通じと肌荒れの関係

お通じと肌荒れとは一見関係がないようにみえますが、実はお通じ
と肌荒れには密接な関係があります。

 

お通じが悪くなると腸内の悪玉菌によって、腐敗が進行します。

 

くさいオナラがでたり、ガスでお腹が張るのを感じるときが
ありますが、これも腸内での腐敗による影響です。

 

腸内で腐敗が起こると、アンモニアなどの有害物質が発生し、
それらが血液中に流れ出し身体中を巡ります。

 

肌まで届いた有害物質は、毛穴から汗と一緒に排出されますが、
これは肌にとって大きな負担になってしまいます。

 

このため、本来の役割である肌の汚れの排出やターンオーバー
が上手くいかず肌が荒れてしまうのです。

お通じが悪くなると自律神経も乱れ、肌荒れがさらに悪化

お通じが悪い状態では腸内環境が悪化しているため、自律神経も
乱れてきます。

 

自律神経は肌のターンオーバーも司っているので、それが
乱れるということはターンオーバーも正常に行われなくなり、
肌荒れがさらにひどくなる傾向になります。

 

また、免疫機能も低下してしまうので、肌の荒れを回復する
機能も弱ってきます。

 

腸内の善玉菌はビタミンB群など肌に関係するを合成していますが、
腸内環境が悪玉菌優位になるとこの合成も低下し肌荒れの回復を
遅れさせます。

 

更に悪いことには、善玉菌が不足くすると大切なビタミンを
分解するアイリナーゼという酵素が増えてビタミンが破壊されて
しまうことが指摘されています。

 

美しさを保つには腸内細菌バランスを善玉菌優位にしておくこと
が不可欠なのがおわかりかと思いますね。

ビフィズス菌で得られる肌荒れ改善効果

以上の説明から、肌荒れを改善するには先ずお通じを改善する
ことが大事なことがお分かりかと思います。

 

そのためには、腸内の善玉菌の割合を増やすことです。

 

善玉菌の代表格のビフィズス菌は、糖を分解し乳酸や酢酸を
生成します。

 

これにより、腸内が酸性に傾くため腸のぜん動運動が活発になり、
お通じが改善され、それに伴って肌荒れも改善されるのです。

 

 

ビフィズス菌の摂取

 

善玉菌の割合を増やすにはビフィズス菌を摂取することが
効果的です。

 

ビフィズス菌は人の腸などに常在する腸内細菌で、漬物など
の加工食品には含まれていません。

 

そのため、ヨーグルト、乳酸菌飲料、乳酸菌サプリなどを選ぶ
必要があります。

 

善玉菌を増やすためにビフィズス菌を摂るには、生きたまま腸に
届くことがポイントになります。

 

しかし、ビフィズス菌は胃酸などに弱いため、腸に届く前に死滅
してしまいます。

 

最近は、プロバイオティクス商品が開発され、生きたまま
ビフィズス菌が届くものが多く販売されています。

 

「生きて腸まで届くビフィズス菌」と記載があるものを選ぶ、
ことをおすすめします。

 

お通じや肌荒れを効果的に改善するためには、毎日継続的に
食べ続けることが大切です。

 

 

オリゴ糖と一緒に摂るとお通じ・肌荒れの改善がさらに効果的

 

オリゴ糖は小腸では消化・吸収できないため、そのまま大腸
まで届きビフィズス菌の栄養源になります。

 

オリゴ糖は特に大豆、たまねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、
アスパラガス、バナナなどに多く含まれています。

 

これらを食事に取り入れると今まで腸内に棲んでいる
ビフィズス菌を元気にする効果も期待できます。

 

効果的な食べ方としては、ビフィズス菌入りのヨーグルトを
食べる際にオリゴ糖をかけたり、オリゴ糖を含むバナナと一緒に
摂ることなどがあるのでオススメです。

 

スポンサードリンク

 


お通じ肌荒れサプリランキング

関連ページ

ビフィズス菌は美肌に本当に効果があるの?
ビフィズス菌は腸内環境を良くし、便秘解消に効果があるばかりではなく、美肌を作る上でも効果があるといわれています。 肌と腸との密接な関係やビフィズス菌の美肌効果についてご紹介します。
肌荒れにも効果的、美肌を作る善玉菌
肌と腸内環境とは密接な関係があります。 なので、善玉菌を増やして腸内環境を改善すれば肌荒れの改善にも効果的ということができます。 善玉菌であるビフィズス菌の美肌効果について紹介します。
ビフィズス菌はビタミンB群を合成、肌荒れにも効果アリ!
ビフィズス菌を摂ることによって、整腸作用があることは良く知られていることです。 その他にもビフィズス菌はビタミンB群やビタミンKを合成し、肌荒れの改善に寄与していますので、その内容についてもう少し詳しくみていきましょう。
O-157の感染を予防するのに効果的なビフィズス菌
O-157などの病原性細菌に感染するかしないかは、腸内環境の差にあるとされています。 腸内環境を整えO-157の感染を予防するのに効果的といわれるビフィズス菌の働きについてご紹介します。
ビフィズス菌BB536の効果・効能、お通じの改善にも効果あり!?
ビフィズス菌BB536は一般的なビフィズス菌よりは酸素や熱に強く、生きたまま腸に届く菌といわれています。 このビフィズス菌はいろいろな効果があることで、注目されていますので、どんな効果・効能があるのか、お通じの改善にも効果があるのかをご紹介します。