善玉菌は肌荒れにも効果的で美肌を作る!

肌荒れにも効果的、美肌を作る善玉菌

 

ビフィズス菌の美肌効果

 

女性にとって美肌は憧れの一つです。

 

ストレスや生活習慣の乱れによって腸内環境が悪化すると、
肌荒れや吹き出物などの肌トラブルが増えることをご存知
ですか?

 

肌と腸とは密接な関係があり、腸の健康状態をあらわすのが
肌の状態ということもできます。

 

腸内の悪玉菌によって発生した有毒物質が、便と一緒に
排出されない場合、血液に流れ出し皮膚まで届き皮膚に
影響が出ることがあります。

 

なので善玉菌を増やして腸内環境を改善することが、肌荒れ
改善にもつながるということができます。

 

ここでは、肌荒れにも効果的で美肌を作るビフィズス菌を
ご紹介します。

ビフィズス菌発酵乳が肌荒れを改善

腸内環境と肌荒れとの関係を科学的に解明した事例があります
ので紹介します。

 

研究に使用された菌は、ビフィズス菌で正式には、
ビフィドバクテリウム・ブレーベ・ヤクルト株と呼ばれるもの
です。

 

簡単にビフィズス菌BY株とも呼ばれ、ヤクルトが発見し保有
しているビフィズス菌の菌株です。

 

この菌株は乳幼児の元気な腸にたくさん棲んでいます。

 

このビフィズス菌は、悪玉菌によって作られた腸内の有害物質
を吸着する働きがあり、有害物質が腸壁から血液に吸収される
のを防いでくれます。

 

また、便の水分調節をする働きもあり、便秘や下痢などの改善
もしてくれます。

 

効果をまとめると次のようになります。

 

・美肌効果

 

・悪玉菌減少効果

 

・整腸作用

 

・潰瘍性大腸炎の症状抑制

 

・肌の水分量を保持

 

このため、乾燥した季節でもみずみずしい肌を保つ効果があります。
十分な水分が肌にあることで、さまざまな肌トラブルも改善できます。

 

<ヤクルトでの実験内容と結果>

 

ヤクルト本社では、20代から70代の女性39名を2グループに
分けそれぞれに次のものを4週間飲んでもらいました。

 

・ビフィズス菌の入った発酵乳
 (ビフィズス菌BY株100億個以上+ガラクトオリゴ糖0.6g)

 

・ビフィズス菌が入らない疑似飲料

 

その結果、

 

1.血液中のフェノール濃度に違いがあり

 

【ビフィズス菌発酵乳】:血液中のフェノール濃度低下

 

【疑似飲料】:血液中のフェノール濃度に変化なし

 

フェノールとは悪玉菌がアミノ酸を分解して作る物質で、これが
肌の細胞に影響を与えていると考えられています。

 

 

 

2.肌を構成している角質中の水分量に違いがあり

 

 

【ビフィズス菌発酵乳】:角質中の水分量が維持されている

 

【疑似飲料】:角質中の水分量が低下している

 

 

3.角質の代謝酵素の活性度合に違いがあり

 

 

【ビフィズス菌発酵乳】:角質の代謝酵素の活性度合が上昇している

 

【疑似飲料】:角質の代謝酵素の活性度合に変化なし

 

以上のように、ビフィズス菌の入った発酵乳を飲んだグループは、
皮膚細胞の形成が正常となるとともに、皮膚の保湿機能が高まった
ことが確認できました。
(参考資料:ヤクルトニュースリリース、ビフィズス菌発酵乳が肌荒れを改善
〜腸内環境と肌荒れの関係を科学的に解明〜)

 

 

このため、乾燥した季節でもみずみずしい肌を保つ効果があります。

 

十分な水分が肌にあることで、さまざまな肌トラブルも改善できます。

関連ページ

ビフィズス菌は便秘解消の他に肌荒れにも効果あり
肌のトラブルには便秘が関係していることが多いといわれています。そのため便秘の解消が肌荒れの改善につながります。 便秘の解消にはビフィズス菌を摂ることで、肌荒れの改善効果も得られることをご紹介します。
ビフィズス菌は美肌に本当に効果があるの?
ビフィズス菌は腸内環境を良くし、便秘解消に効果があるばかりではなく、美肌を作る上でも効果があるといわれています。 肌と腸との密接な関係やビフィズス菌の美肌効果についてご紹介します。
ビフィズス菌はビタミンB群を合成、肌荒れにも効果アリ!
ビフィズス菌を摂ることによって、整腸作用があることは良く知られていることです。 その他にもビフィズス菌はビタミンB群やビタミンKを合成し、肌荒れの改善に寄与していますので、その内容についてもう少し詳しくみていきましょう。