お通じが悪くなると肌荒れが起こる、その理由とは

お通じが悪くなると肌荒れが起こる理由とは

吹き出ものを気にする女性

 

お通じが悪くなると肌荒れがひどくなるという経験はありませんか?

 

お通じが悪くなると便通だけでなく、肌にも影響を与えニキビや吹き出物を引き起こします。

 

最近は肌荒れを皮膚の汚れなどの外的な要因によるものではなく、身体の内側の要因ととらえ、根本的に対策をすることに注目が高まってきています。

 

実はお通じと肌荒れは、密接につながっているのです。

 

なので、お通じを改善させると肌荒れも改善され、お通じが改善されないで長引けば肌の方も悪化状態が続いてしまいます。

 

肌荒れを改善するには、腸内環境を整えることが大切で、身体の外側を美しくするためには身体の内側を美しくしていく必要があります。

 

お通じが悪くなると肌荒れが起こる理由や改善方法をもう少し詳しくみていきましょう。

 

お通じが悪くなるとニキビや肌荒れが起こる理由

腸内にはたくさんの腸内細菌が棲んでおり、腸内フローラを形作っています。

 

腸内細菌を私たちの健康に役立つか役立たないかの視点で、大きく分類したものが善玉菌、悪玉菌、日和見菌の分類です。

 

お通じが悪い時に関係するのは、悪玉菌です。

 

お通じが悪くなると便が腸内をスムーズに移動しないため、長期的に便が体内に居座り続けることになります。

 

このため、悪玉菌は便に残っている未消化のタンパク質を分解して栄養源にします。

 

このような状態が腸内での”腐敗”です。

 

このとき発生するのが、有害物質やガスです。

 

有害物質やガスはできる限り早く体外に排出するべきもので、本来なら便と一緒に排出されるものです。

 

でも便が詰まっているため、排出ができなく有害物質は腸壁から吸収され、血液中に溶け出して全身へ巡ることとなります。

 

 

こうした皮膚表面に届いた有害物質は、汗や皮脂などの形を借りて毛穴などから体外へ排出されます。

 

 

肌の細胞は有害物質の排出に手間を取られてしまうと、肌細胞本来の新陳代謝が追いつかなくなってしまいます。

 

そのため汚れを取り除ききれず、ニキビや肌荒れの原因となり、肌の状態が悪くなってしまいます。

腸内環境の悪化は自律神経の乱れにも関係

お通じが悪くなり腸内細菌の悪玉菌が優位な状態では、腸内環境が悪化している状態です。

 

腸内環境が悪化すると自律神経のバランスもくずれ、自律神経の働きが弱まります。

 

自律神経が乱れるとり、血行不良から新陳代謝の低下が起こりますので肌荒れやくすみなどの肌のトラブルが起こりやすくなります。

 

また、免疫力も低下するため肌のトラブルが中々回復できないことになります。

 

このように自律神経も乱れてきますので、お通じも肌荒れも益々酷くなるという悪循環になりがちです。

腸内環境の悪化を改善する方法

便秘を解消し自律神経のバランスを整えるには、腸内環境の悪化を改善していかなければなりません。

 

腸内環境の悪化を改善すると腸が動き出し便秘も解消されていくため、肌荒れも改善されます。

 

腸内環境を整えるには、具体的にはどうすればよいのでしょう?

 

簡単に実践できる方法をご紹介します。

 

乳酸菌を摂る

 

肌荒れ改善にヨーグルトを摂取

 

腸内環境を整えるよい方法は、ヨーグルトや乳酸菌サプリによって乳酸菌を摂ることです。

 

乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑えて、腸内の細菌バランスを善玉菌優位にする働きがあります。

 

善玉菌が優位になり腸内環境が整うと、腸内が酸性になり腸のぜん動運動が活発になります。

 

 

朝1杯の水で胃腸を目覚めさせる

 

朝、目覚めたらコップ1杯の水を飲むといいということを聞いたことはありませんか。

 

胃の中に食べ物が入ってきた時は「結腸反射」といって腸が水に反応して動き始めます。

 

すると直腸に便が移動し自然な便意が促されます。

 

野菜、海藻などの食物繊維を多く摂る。

 

動物性たんぱく質を摂り過ぎると、たんぱく質は完全消化されないまま腸内まで届き、悪玉菌による腐敗が起こり、有害物質を発生します。

 

野菜や海藻などの食物繊維を摂ると、便の量を増やすため腸の動きが活発になります。

スポンサードリンク

関連ページ

アシドフィルス菌はビオチンを増やし、肌や髪をキレイに!
アシドフィルス菌は、整腸作用のほかにも腸内でビタミンB群の一つであるビオチンを増やす働きがあります。 ビオチンは皮膚や粘膜を健康にするビタミンで、肌や髪をキレイにします。 アシドフィルス菌とビオチンの働きについて紹介します。
アシドフィルス菌とビフィズス菌はどう違うの?
アシドフィルス菌とビフィズス菌はどちらもヒトの腸に棲んでいる菌ですが、どう違うのでしょうか? ヨーグルトなどでこれらの菌を摂取する場合は、違いを知っておくことが重要なのでご紹介します。
アシドフィルス菌の配合された市販の整腸剤、ビオフェルミンとは
アシドフィルス菌を配合した市販の整腸剤にビオフェルミンがあります。 その他にもビフィズス菌とフェカリース菌が配合されています。 配合されている乳酸菌の種類や効果についてご紹介しています。
アシドフィルス菌は大人アトピー性皮膚炎にも効果的なの?
大人アトピー性皮膚炎を解消するには、スキンケアに加えて内側から免疫機能のアンバランスを治していく必要があります。 免疫機能の改善には腸内環境を整えることが必要で、そのためにはアシドフィルス菌が効果的!
アシドフィルス菌はビオチンを合成!その効果・効能とは
アシドフィルス菌は腸内を整えて善玉菌が優位な環境を作ります。 アシドフィルス菌は、肌と髪のビタミンといわれるビオチンを合成する働きがあります。 そのビオチンの効果・効能について、ご紹介します。
アシドフィルス菌は大人ニキビの改善にも効果的なの?
大人ニキビが出やすい人は免疫機能が低下している可能性が高いといえます。免疫機能をアップするには話題のアシドフィル菌で腸内環境を整えることです。 この菌が大人ニキビをどのようにして改善するのかをご紹介します。
アシドフィルス菌はビオチンを産生し、脂漏性皮膚炎にも効果的!
脂漏性皮膚炎を根本的に治すには、食生活や生活習慣の改善が必要です。 脂漏性皮膚炎はビオチンの不足が原因の一つともいわれています。 今回はビオチンを産生するアシドフィルス菌が脂漏性皮膚炎にも効果的なことを紹介します。