アシドフィルス菌はビオチンを作るので、脂漏性皮膚炎にも効果的です。

アシドフィルス菌はビオチンを産生し、脂漏性皮膚炎にも効果的!

脂漏性皮膚炎

 

毎日シャンプーしていても、フケがポロポロ落ちて困る…

 

という悩みはありませんか?

 

また、皮脂が分泌されやすい鼻の脇や髪の生え際などにも赤い炎症ができ、皮膚がむけてきたら単なるフケ症ではないかもしれません。

 

こんな症状の場合は、脂漏性皮膚炎を疑ってみてもいいでしょう。

 

脂漏性皮膚炎の直接の原因は、カビの一種なのできちんと治さないと慢性化したり、再発の可能性が高いといわれています。

 

きちんと治すには、食生活や生活習慣の改善やビタミンB群を摂ることも必要になってきます。

 

中でもビタミンB群のビオチン不足が脂漏性皮膚炎を起こす原因の一つともいわれています。

 

乳酸菌のアシドフィルス菌は、ビオチンを増やす働きがあるので脂漏性皮膚炎に効果が期待できます。

 

脂漏性皮膚炎の症状、原因やケア方法、アシドフィルス菌を摂ると脂漏性皮膚炎に効果的な理由について、ご紹介します。

脂漏性皮膚炎はどんな症状なの?

脂漏性皮膚炎は、頭皮に起こるだけではありません。

 

脂漏性皮膚炎が起こりやすいところは、皮脂の分泌が多いところで、後頭部と前頭部の生え際、鼻の周り、脇の下、股などです。

 

皮膚が増殖した菌によって遊離脂肪酸が過剰に産生されるので、炎症を起こし、地肌が赤くなってかゆくなったりします。

 

また、皮膚のターンオーバーのサイクルも早まってくるので、皮膚がポロポロむけたりします。

 

頭皮に起きた場合は、フケがひどくなります。

脂漏性皮膚炎の原因の正体は、真菌(カビ)なの?

私たちの皮膚には目にはよくわかりませんが、常在菌が棲んでいます。

 

実は、脂漏性皮膚炎の原因は常在菌だったのです。

 

ニキビも常在菌のアクネ菌が直接の原因になっていますが、脂漏性皮膚炎では真菌(カビ)の一種のマラセチア菌が原因といわれています。

 

マラセチア菌という名前は聞いたことがないかもしれませんが、脂漏性皮膚炎が発症する人だけでなく誰の皮膚にも棲んでいます。

 

皮脂や湿度のあるところがとても好きで、皮脂を栄養にしていて普段は害を及ぼしません。

 

ところが、皮脂がなんらかの原因で過剰分泌されるとエサが増えるのでマラセチア菌が異常繁殖します。

 

異常増殖したマラセチア菌が皮脂を分解するときに、刺激のある遊離脂肪酸ができるので皮膚や頭皮に炎症が起こります。

脂漏性皮膚炎に対処する方法

炎症やかゆみを抑える対処法

 

脂漏性皮膚炎かなと思ったら、皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

 

炎症を抑えるためにステロイド外用薬や抗真菌剤を処方されるのが一般的です。

 

ステロイドを使う場合は、副作用を考慮して症状が改善されれば通常は使用を中止します。

 

ところが中止すると、しばらくして症状が再発することがよくあるとされています。

 

皮脂を異常分泌させないための対処法

 

ステロイド外用薬や抗真菌剤での対処だけでは、治ったように見えても再発する可能性が大きいといわれています。

 

皮脂を異常分泌させないための根本的な対処が必要です。

 

・メイク・日焼け止めは最小限に

 

・洗顔・洗髪は刺激の少ないものでしっかりと

 

・ビタミンB群を摂取する

 

・規則正しい生活をして疲労を溜めないようにする

 

・ストレスを溜め込まないようにする

 

・紫外線を避ける

アシドフィルス菌はビオチンを増やし脂漏性皮膚炎にも効果的

脂漏性皮膚炎を根本的に治していくには、日常的な改善をしていくことが必要です。

 

ままでの研究では、脂漏性皮膚炎にかかっている人の多くは、血清中のビオチン濃度が不足しているといわれています。

 

なので脂漏性皮膚炎を改善するにはビタミンB群の一種であるビオチンを摂っていく必要があります。

 

ビオチンは皮膚や粘膜の健康を維持するのに必要なビタミンで、アトピー性皮膚炎やニキビなどの皮膚のトラブルにも効果的なものです。

 

 

ビオチン不足のときに注目されているのが、乳酸菌の仲間のアシドフィルス菌をです。

 

アシドフィルス菌は、体内のビオチンを増やす働きがあるためビオチン不足を改善することができます。

 

ビオチンは食品から摂取でき、また腸内環境が良好なら腸内でも生成されるため本来なら不足しにくいビタミンです。

 

ですが食生活や生活環境によっては消費する量が多く、不足しがちになります。

 

アシドフィルス菌とビオチンとの関係についての詳細は、次の記事も参考になります。

 

「アシドフィルス菌はビオチンを増やし、肌や髪をキレイに!」

 

アシドフィルス菌を摂取するには、アシドフィルス菌の入った
ヨーグルトか乳酸菌サプリを利用する方法があります。

 

アシドフィルス菌は腸内環境も整えて、善玉菌が優位になるように
なりますのでより効果的に体内のビオチンを増やすように働き
ます。

 

併せて、免疫機能も向上してきますので直接の原因となっている
真菌の増殖も抑制されていきます。

スポンサードリンク

関連ページ

お通じが悪くなると肌荒れが起こる理由とは
お通じが悪くなると肌荒れがひどくなるという経験はありませんか。 お通じと肌荒れとは密接な関係があります。 お通じが悪くなると肌荒れが起こる理由や肌荒れの改善方法について紹介します。
アシドフィルス菌はビオチンを増やし、肌や髪をキレイに!
アシドフィルス菌は、整腸作用のほかにも腸内でビタミンB群の一つであるビオチンを増やす働きがあります。 ビオチンは皮膚や粘膜を健康にするビタミンで、肌や髪をキレイにします。 アシドフィルス菌とビオチンの働きについて紹介します。
アシドフィルス菌とビフィズス菌はどう違うの?
アシドフィルス菌とビフィズス菌はどちらもヒトの腸に棲んでいる菌ですが、どう違うのでしょうか? ヨーグルトなどでこれらの菌を摂取する場合は、違いを知っておくことが重要なのでご紹介します。
アシドフィルス菌の配合された市販の整腸剤、ビオフェルミンとは
アシドフィルス菌を配合した市販の整腸剤にビオフェルミンがあります。 その他にもビフィズス菌とフェカリース菌が配合されています。 配合されている乳酸菌の種類や効果についてご紹介しています。
アシドフィルス菌は大人アトピー性皮膚炎にも効果的なの?
大人アトピー性皮膚炎を解消するには、スキンケアに加えて内側から免疫機能のアンバランスを治していく必要があります。 免疫機能の改善には腸内環境を整えることが必要で、そのためにはアシドフィルス菌が効果的!
アシドフィルス菌はビオチンを合成!その効果・効能とは
アシドフィルス菌は腸内を整えて善玉菌が優位な環境を作ります。 アシドフィルス菌は、肌と髪のビタミンといわれるビオチンを合成する働きがあります。 そのビオチンの効果・効能について、ご紹介します。
アシドフィルス菌は大人ニキビの改善にも効果的なの?
大人ニキビが出やすい人は免疫機能が低下している可能性が高いといえます。免疫機能をアップするには話題のアシドフィル菌で腸内環境を整えることです。 この菌が大人ニキビをどのようにして改善するのかをご紹介します。